「経腸栄養コネクタのその後」 第46回埼玉県小児在宅医療支援研究会
お知らせ記録 · 2022/10/29
【特別講演】 奥野 欣伸 氏  (日本医療機器産業連合会 ISO/TC210 国内対策委員会) 佐々木 弘恒 氏 (厚労省医薬・生活衛生局 医薬安全対策課副作用情報専門官) 浅野 一恵 氏 (社会福祉法人 小羊学園 つばさ静岡)...他
日本医療機器テクノロジー協会(MTJAPAN)に掲載された文書
お知らせ記録 · 2022/10/22
 企業様のご努力によって、バンパー型、バルーン型両方の旧規格製品の使用継続ができます。

今こそ経腸栄養エンドユーザーに寄り添うために
お知らせ記録 · 2022/10/15
 今年5月に発出された経腸コネクタ切り替え方針見直し通知の正しい理解と今後の企業や医療機関で望まれる対応について、緊急で勉強会が開催されることになりました。  今回は経腸栄養に関わる全ての方が参加可能で、当事者とその家族も申し込みできます。
[ 疾病名 ] 両手指関節炎、両側手関節~前腕部の腱鞘炎
お知らせ記録 · 2022/09/14
 診断書です。30代のお母さんのものです。 心配していたことが実際に起きています。この方は、6ヵ月前から切り替わった「標準規格製品」を使い続けた結果、ねじる作業によって手指に負担がかかり、手首を痛めてしまいました。訪れた病院でだされたのが、この診断書です。「もう標準規格製品は使うことはできない」ということが分かりました。

ミキサー食事について、多くのとても有意義な発表がされました!
お知らせ記録 · 2022/09/12
「カテーテル新規格問題 これまでの経緯と今後の問題点」  「コネクタ問題ー新旧規格の並存にいかに対応するか:今こそエンドユーザーに寄り添うために」  「ミキサー食注入の病態への効果」 「ミキサー食注入の腸内細菌叢への影響」 他
「旧規格品使用継続の救済措置が認められ、ミキサー食注入が持続可能になった喜びと展望」
お知らせ記録 · 2022/09/12
ミキサー食注入で心のキャッチボールをする幸福な時間を、旧規格製品の併存により持続可能になりました。

「一人ひとりに合った胃ろう食のオーダーメイド」(「請願書」提出時の手記)
手記 · 2022/09/06
 食事をあげられる喜びを胸に、家に帰りました。早速、酵素剤を入れて食事をミキサーにかけると食事が液体状になり、細い管からも注入できるような状態の食事ができあがりました。その液体状の食事と豆乳、野菜ジュースなどを注入してみたところ、その晩から便が固まりました。全く奇跡のようでした。
「生活の質を豊かに、笑顔になるミキサー食」
手記 · 2022/09/06
 ミキサー食を始めてから、逆流により吐き戻す事がほとんど無くなりました。あんなに注入を始めると気持ち悪そうにしていた娘が、ミキサー食では気持ち悪くならず、更に注入時間も短くでき、身体を動かす時間も、外で日向ぼっこする時間も格段に増えました。

「胃ろうミキサー食注入がもたらす幸福感」
手記 · 2022/09/06
ミキサー食を注入するようになってからは、体調を崩す頻度が激減しました。自慢したいくらい良い便を1日に2~3回自力でします。くり返す結膜炎で点眼薬を手放せなかった息子ですが、ミキサー食を始めてピタリとならなくなりました。
嬉しいニュース!!
日々の喜怒哀楽 · 2022/08/11
主治医から「新規格で問題があるかの聞き取りをしている。新規格で問題がある人は来月から旧規格の処方を考えている。」と訊かれたそうです!!

さらに表示する